バックナンバー

時事の基礎情報

時事問題を知る事の意義

日本には色々な時事問題があります。短期的な問題から長期的な問題まで、色々な種類が存在します。時事問題として、日本の将来を大きく左右するのが、政治です。政権与党が打ち出す政策によって、日本の未来の進路は変わります。増税が決定されれば、それだけで日本の景気は低迷します。また国際情勢を受けて、日本の憲法や国内法が改正される見込みも立っており、政治関連の時事問題にアンテナを張っておく事は社会人として、当然の義務とも言えます。次の時事問題の種類としては、経済問題が挙げられます。景気状況を細かく理解しておく事も社会人の仕事です。インフレ経済になっているか、デフレ経済に陥っているか、今現在の国内の経済状態について理解しておく事で、ビジネスの方向性が決めやすくなります。サラリーマン個人でも、景気動向を知っておく事で、営業のアプローチが考えやすくなります。他の種類としては、芸能の時事問題やサブカルチャーの話題などがあります。こちらは直接社会に影響を与える事はありませんが、いわゆるコミュニケーションの潤滑油として、知っておいて損する事はないでしょう。大物芸能人カップルの結婚報道、話題のゲームアプリなど、雑談のネタとして仕入れておく事は案外大事です。

↑PAGE TOP